筑紫野市議会議員 だんした季一郎 公式サイト

まっすぐ!開かれた市政へ。

プロフィール

政治理念

一.「立憲主義に基づく民主政治」と「多様性を認め合い、困ったときに寄り添い、お互い様に支え合う社会」を実現します。

二.一つの価値観を押し付ける政治ではなく、市民のみなさんとつながり、日常の暮らしや働く現場の声を立脚点としたボトムアップの政治を実現します。

三.公正・公平なルールに基づく自由な社会を実現し、一人ひとりの持ち味が発揮され、それぞれに幸せを実感できる社会経済を目指します。


私の志「お互い様に支え合う社会」の実現

私は、10代の頃、困った人の為に役に立ちたい、社会のために働く事はかっこいい事だと思い弁護士になって国会議員になろうと思っていました。当時は議員=国会議員で地方議員との違いもよくわかっていませんでしたが…。

20代になって、お金がかかるという現実を知り、弁護士にもなる事はできなかったので、議員の道は諦め、働きながら社労士の勉強をする道に路線変更しました。本当に議員になりたいなら、議員秘書など他の道もあったことを考えると、やはり、そのときの政治への思いは未熟だったと思います。今思えば、井の中の蛙というか物事をわかってないというか、恥ずかしい限りです。

行政書士の仕事を始めてからは、相談会やNPO法人の活動などを通して、法律だけでは解決できない課題をたくさん見つけました。

例えば、買い物や病院に行くのに困っている高齢者の声、カウンセリングの場所に困っているうつ病の方の声、就労や日々の暮らしに困っている障害者の方の声を聞きました。また、不妊治療に悩む夫婦の声や、自分の亡き後の障害を持つ子どもを心配する切実な声も聞いています。デモに参加したことで、社会から差別され悩んでいるLGBT(性的少数者)の方の声も聞きました。これらの問題は政治や行政でないと対応できないので、どうにかして解決できないかと思っていました。

私自身も、2年前に父が病気で亡くなり、闘病中は病院代がかなりかかったので、自己負担の安く済む健康保険の高額療養費には大変お世話になりました。とても感謝しています。ここが健康保険のない自己責任が原則のアメリカや途上国なら大変だったと思います。

私は、社会制度に助けられたので、社会を良くすることに高い関心を持っています。

そのような中で、昨年10月に立憲民主党が結党され、枝野さんの演説に心打たれたのが政治の道に再び挑戦するきっかけでした。

「今まで怠けてきたからだ」「自己責任だ」という自助努力を重視する意見も聞きますが、私は自己の体験を通して、高齢・病気・けが・事故・失業・災害など、どんな人でも、人生の中で、自分の力だけではどうにもならない事が必ず起きると考えています。その時の困難や不幸をできるだけ小さくすること=自助より公助を重視する「お互い様の助け合いの社会」の理念を実現する事こそが政治だと私は考えています。

そもそも、地方議会の一番重要な機能は、行政に対する民主的コントロール=チェック機能です。言い換えれば、地方政治とは、市民の声を聞いて、市民から頂いた税金をどう無駄なく効率的に分配するのかを考える事です。その判断は長期的な視野を持って合理的である必要がありますが、それだけだと弱者切り捨てになってしまうので、私は限りある予算の中でできるだけ「お互い様の助け合いの社会」の理念を実現するにはどうすれば良いかを考えて仕事に取り組みたいです。

「国民が政治離れしているのではない。政治が国民から離れてしまっている」とは枝野代表の言葉ですが、市民の方々の普通の感覚と離れないように、私は「市民との対話集会」「街頭活動」を重視したいと思います。

筑紫野市のために、市民の声に基づいたボトムアップの活動をがんばります。


経歴

1987年 6月21日筑紫野市に生まれる
高雄幼稚園→二日市北小学校→二日市中学校卒業の生まれも育ちも筑紫野市!小学校の時は、よく先生に怒られていた。小学校・中学校では野球少年だった。
2006年 福岡大学附属大濠高等学校 卒業
帰宅部で特進文系のクラスだった。大濠魂について学ぶ。弱かったが、将棋も少ししていた。AO入試の志望理由書に、弁護士になって政治家になりたいと書いていた。
2010年 西南学院大学法学部法律学科 卒業
在学中は、少林寺拳法部に所属し、青春を謳歌。弁護士になって政治家という夢も忘れてしまい、全然勉強をしていなかった。3年の時に、行政書士試験合格。法律の面白さに目覚め、何を勘違いしたか再び弁護士を目指し、旧司法試験の勉強を始める。卒業後1年間は司法浪人。
2011年 社団法人福岡県LPガス協会 入社
働きながら、司法試験予備試験の受験勉強。勉強しても受からず、挫折。社会保険労務士試験の勉強を始める。
2013年 行政書士登録。行政書士事務所 代表
会社を辞め、一念発起して、行政書士事務所開業。行政書士として、遺言、相続手続、高齢者の後見、許認可手続などの業務を手がける。
2018年 社会保険労務士登録。行政書士・社会保険労務士事務所所長
現在に至る

役職

2018年8月~ 立憲民主党福岡県連合 筑紫野市政策委員

活動

福岡県行政書士会、福岡県社会保険労務士会、実践経営学会、大濠高校同窓会常務理事、筑紫野市商工会青年部、中小企業家同友会筑紫支部、太宰府倫理法人会